手汗の原因と対策を徹底研究します

手汗の解消計画

未分類

手汗が酷い!病院ではどんな手汗の治療を受けることができるの?

投稿日:

手汗の量がかなり多い。体の他の部位より、手にだけ極端に汗をかく。

手汗のせいで紙に染みができたり、スマートフォンなどが滑ったりする。手汗のせいで恋人と手を繋ぐことができない。

手汗が酷いせいで、会社の共用物に触れることをためらってしまう。こんな手汗のお悩みはありませんか?

病院でも手汗の治療を行っています。病院の受診をためらっている人に、病院ではどのような治療が行われているのか解説します。手汗治療に踏み出すための基礎知識を知っておきましょう。

病院での手汗治療とは?手汗を改善するための5つの主な治療法

手の多汗症(手掌多汗症)には、大きく分けて5つの治療法があります。

手汗のお悩みで病院の受診を検討している人は、主に5タイプの治療があることを知っておきましょう。手汗の治療をスタートする上での基礎知識として役立つはずです。

外科的な手汗の治療法とは

発汗に影響を与える交感神経の働きを手術によっておさえる治療法です。

手汗の治療ではよく行われている治療法になります。手汗の治療の中でも、外科的な治療法はかなり有効な治療法であるとも言われています。

ただし、気にしておきたいポイントもあります。発汗に影響する交感神経の働きをおさえるため、手が乾燥しやすくなる可能性が考えられるのです。汗は保湿にも関係しているためです。

代償性発汗により、体の他の部位の汗の量が変化する可能性もあります。

発汗量が増える可能性のある部位は、腰や背中、お腹などです。代償性発汗や術後の汗の量にも個人差があると言われています。

不安な人は、事前に医師から注意点を指導してもらうようにしましょう。

関連記事:手汗の手術は最後の手段。ets手術は副作用の危険もありますよ

服薬による手汗の治療法とは

飲み薬を使った治療法です。多汗症の内服薬としては、「臭化プロパンテリン」などがあります。

もちろん、医師の判断によっては別の薬を使うこともあります。医師に適切な内服薬を処方してもらい、服薬しつつ手汗の状況を見る治療法です。

薬の効き目には個人差があります。

また、薬との相性によっては副作用が出てしまう可能性もあります。

臭化プロパンテリンの場合は、口が渇いたり、眠気を覚えたりする人がいるようです。

過去に薬で副作用やアレルギー症状が出たことのある人は、その旨をしっかりと医師に伝えた上で治療法を相談しましょう。

 

外用薬による手汗の治療法とは

塗り薬や液体薬などによる治療法です。

外用薬での治療の際によく用いられるのが、「塩化アルミニウム」の含まれた塗り薬です。

この塩化アルミニウムという成分は、手汗対策のクリームや制汗剤などにもよく含まれている成分です。手汗をおさえる効果が期待できると言われています。

塗り薬も、人によって相性があります。

塗った部分にピリピリした痛みが出たり、かゆみや肌荒れが起きたりする可能性があります。

肌の弱い人や、過去に塗り薬や化粧品で肌荒れなどのトラブルがあった人は、医師に相談の上で適切な外用薬を処方してもらいましょう。

関連記事:プロバンサイン体験記。レベル3の手汗には効きませんでした

専用機具による手汗の治療法とは

イオントフォレーシスという治療法です。

水道水の入った専用機具に汗の多い部分を浸し、微弱な電流を流します。

この電通を一定時間ごとに何度も行うと、汗の量が減ってくると言われます。

ただ、イオントフォレーシスは汗の量が減ったからとやめてしまえば、効果を維持することが難しいとも言われます。

汗の量が減って「よし、治った!」で終了はなく、効果を維持するために定期的に行うことが基本です。

効果にも個人差があると言われています。

自分の手汗に効果が期待できるのか。どれくらいの頻度で行う必要があるのか。治療をする上での計画や注意点については、医師にしっかりと指導を受ける必要があります。

局所注射による手汗の治療方法とは

手の平の所定のポイントに局所注射をすることによって手汗を抑制する治療法です。

基本的に、効果は永続しません。効果が持続するのは半年程度であると言われます。

費用が高額になりがちな治療法でもあります。自分の体に合っているか。効果は期待できるのか。費用はどのくらいになるのか。医師によく相談してから検討しましょう。

手汗の治療をしたい!治療法を選ぶ時は生活・費用・体質・持病なども関係あり

治療法は、基本的に医師に相談して決めることになります。

ある人にとっては効果が期待できる治療法でも、ある人にとってはあまり効果が期待できない可能性があるからです。

手汗の量や手汗をかくシチュエーションに個人差があるように、治療法との相性も個人差があります。

他の病気を患っていないか。薬との相性はどうなのか。金銭的な面や私生活の面で続けることができそうなのかも気にしておきたいポイントです。

手汗のお悩みといっても、体質や生活環境は人それぞれですよね。だからこそ、医師にきちんと相談して自分に合った治療法を見つけることが重要です。

当サイトで人気の手汗対策商品

当サイトで人気の手汗対策用の商品です。当サイトは手汗がひどい、手汗レベル2、レベル3の人向けのサイトですので、手にやさしく、継続的に使っていける商品が人気になっています。

手汗対策人気No1商品 テサラン

テサラン

テサランはアマゾンなど一般の通販サイトでも取り扱っています。

ただし、返品保証が効くのが公式サイトだけなので、公式サイトで買うことがおすすめです。

ファネリ

ファリネ

 初回購入70%オフがうれしいファネリ。この商品の特徴は、パウダータイプであるため、塗った瞬間から手がサラサラになること。すぐに手汗を止めたいって時ほど役に立つ商品です。

フレナーラ

フレナーラ

 

フレナーラは20代、30代女性に大人気です。

彼氏と手がつなげない、仕事中に手汗が気になって集中できないという方が好んで購入しています。

-未分類

Copyright© 手汗の解消計画 , 2019 AllRights Reserved.